当施設について

脳梗塞患ってしまい、「もっと集中してリハビリに取り組みたい!」
そんなお悩みを抱えていませんか?

当施設では理学療法士をはじめとした専門スタッフがあなただけのプログラムを組み立て、改善を目指します。

社会の高齢化に伴い、病院では満足なケアを受けられないというお悩みが増えております。
しかし、私たちなら皆様に寄り添った改善が可能です。是非一度ご相談くださいませ!

脳梗塞リハビリ のぞみ・京都 代表挨拶

代表写真

脳梗塞リハビリ のぞみ・京都
代表 小嶋 道範

脳梗塞リハビリ のぞみ・京都は、鍼灸整骨院部門、往診部門に加え、美容・痩身部門も運営しています。一見、バラバラの事業展開に見えるかもしれませんが、背景には「受胎から墓場まで寄り添う治療院でありたい」という一貫した強い想いがあります。

これは、これまで地域の利用者様やそのご家族と向き合う中で、気づかせていただいた大切な想いです。

そんな利用者様と接する中で、退院後の慢性期のリハビリにおいて深くお悩みの脳梗塞を患った方々の声を頂戴する機会が増えてきました。

この要望に対して、私どもとしては京都府宇治市に、理学療法士、作業療法士、鍼灸師一丸となりチームを組みマンツーマンで、皆様方個々の満足のいくゴールを目指していくリハビリ施設をこの度開設することになりました。

利用者様の人生が今まで以上に豊かなものになるよう、私たちはこれからも新しい形で寄り添って参ります。

その他のスタッフの挨拶も見る

店舗情報

代表

小嶋 道範

店舗名

脳梗塞リハビリ のぞみ・京都
(ノウコウソクリハビリ ノゾミ・キョウト)

住所

〒611-0033
京都府宇治市大久保町旦椋9-19

営業時間

※完全予約制

アクセス

宇治大久保郵便局近く駐車場4台

脳梗塞リハビリ のぞみ・京都の特徴

脳梗塞リハビリのぞみ・京都は、「再び自分らしい人生を歩みたい」という想いを持つ方々の「のぞみ」を叶えるために誕生しました。

特徴1 脳科学に基づいたリハビリトレーニング

利用者様に見合った目標を設定し、意欲・興味を持ち、楽しいと感じながらリハビリを行うことで、脳が活性化され、より効果の高いリハビリが可能となります。
脳が「楽しい」「ワクワク」を感じると、脳内快楽物質が放出され、身体機能が向上し、今まで以上の力が発揮できるからです。
また、リハビリの効果を得るために大切なことは「目標を持つこと」「楽しむこと」「継続すること」「自分で行なうこと」です。
これらを専門スタッフとともに実践し、脳が喜ぶことで身体機能の向上を目指していきます。

特徴2 世界が認める日本の鍼灸

当施設の鍼灸師が、世界的に認められているYNSA(山元式新頭鍼療法)と呼ばれる脳梗塞後遺症に特化した鍼灸の施術を行います。
また、日本伝統の東洋医学の力も併用して発揮させることで、リハビリの負担となっている痛みや痺れ、むくみ、可動域制限などの様々なストレスを取り除きます。
東洋医学・鍼灸の力は、リハビリとの相性が良く、相乗効果を生み出します。

特徴3 利用者様と専門家のチームリハビリ

当施設では、リハビリの専門家「理学療法士」と東洋医学の専門家「鍼灸師」が両者の強みを活かし、120分間マンツーマンで一人一人に応じた、施術を行います。
さらに、当施設でのリハビリ時間だけでなく、自宅での運動指導やご家族様とできるリハビリの提案、リハビリ卒業後のアフターフォローも充実しています。
これらのプランを計画し、実行するために、利用者様とご家族様、そして、のぞみグループに在籍する専門スタッフがチームとなります。
チームだからこそできる、あらゆる角度からのサポートと、その人に合った、その人だけのサービスを提供します。

脳梗塞を発症した方は、後遺症が残る可能性が高いため、継続したリハビリが必要になります。しかし、保険利用のリハビリでは時間や対象者に制限があり、リハビリが継続できない人がいることが現状です。
病院のリハビリでは退院日数に制限があるため、回復途中でリハビリが終了となる場合があります。そして、介護保険による地域でのリハビリでは時間の制限があるため、満足なリハビリができず、「退院時は歩けていたのに、今は歩けなくなった」と機能が低下し、活動の場が狭くなることがあります。
そのようなリハビリ現場の課題を解決できるのが脳梗塞リハビリのぞみ・京都のサービスです。

「あきらめる」ではなく、「挑戦する!」 
何にでもチャレンジしたくなるような、明るい気持ちを持っていただけるように、利用者様と専門スタッフがチームとなり、あなただけのリハビリプログラムを組み立てます。
「脳梗塞リハビリのぞみ・京都」でしかできない楽しいリハビリを体感してみませんか?
体験リハビリもご用意しておりますので、お気軽にご連絡くださいませ。