地域のケアマネジャーさんとの連携

2022年05月7日

こんにちは。脳梗塞リハビリのぞみ・京都の理学療法士の塩見です。

のぞみのリハビリでは、地域との連携を取りながらリハビリを進めています。

本日は、ケアマネジャーさんとの関りをご紹介します。

 

利用者様の生活向上のためにケアマネジャーさんとの関りを大切にしています

最近は宇治市や城陽市、久御山町からお越しいただいている利用者さまが少しずつ増え、

お陰さまで近隣地域で『のぞみ』のリハビリを知ってくださる方が徐々に増えてきました。

ケアマネジャーさんから直接ご紹介をいただくこともあり、

介護保険との併用でケアプランに含めて下さっています。

皆様からのぞみのリハビリをご理解いただいていること心から感謝申し上げます。

 

 

①電話での連絡

 

利用者さまの体の状態や困りごとなど何かあったらすぐに相談します。

また、希望に応じ介護保険内のリハビリ担当のセラピストさんとの連携も行い、

目標の統一を図ることもあります。

 

②報告書のご提示

リハビリの経過、目標の共有のために1回作成します。

利用者さまのための意見交換を行います。

 

③リハビリ見学

リハビリ見学により、情報提供を行います。

いつでもお気軽にお越しください(^^)

 

このようにのぞみでは、利用者さまにとって最も目標に到達しやすいよう、地域との関りを大切にしながら、連携を取ってリハビリを行っています。

リハビリをご希望の方はいつでもご相談ください!(^^)!

 

 

 

京都・関西地区No.1の自費リハビリ施設をお探しの方はこちら
体験リハビリってどんなことをするの?京都で実績No1の脳梗塞専門リハビリ&鍼灸!

 

 

脳梗塞専門の体験リハビリ120分を無料で受けていただけます!

ご予約・ご相談は随時受付しております。

お問い合わせフォームはこちら

 

お問い合わせやご質問は↓こちらからもお待ちしております^^

電話番号:0774-39-8640

LINEからも承ります。QRコードで読み取る、もしくはLINEのロゴをタップ!

 

 

駐車場あります!遠くからのご来店も安心してお越しくださいませ。

宇治だけでなく、京都・城陽・京田辺・八幡方面からのアクセスも良好です。

↑地図をクリックするとGoogleマップに移ります。

 

1分で分かる!脳梗塞リハビリのぞみ・京都へのアクセス方法

各種SNSでも最新情報を発信しております!

Facebook

https://www.facebook.com/nouriha.n.kyoto

Instagram

https://www.instagram.com/rihabiri_nozomi/

Twitter

https://twitter.com/nouriha_kyoto/

要支援・要介護について

2022年04月15日

こんにちは!

京都府宇治市にある、脳梗塞リハビリのぞみ・京都の理学療法士の飯尾です。

 

皆さん、介護保険制度である要支援・要介護というものをご存じでしょうか。

脳卒中だけでなく骨折などで、福祉用具やヘルパーなどのサービスが必要であることを見込まれる方におりる介護保険制度です。

対象者の状態によって要支援1~要介護5のどれかで判定されます。

今回は要支援と要介護の違いと介護保険で受けられるサービスを皆さんとシェアできたらと思います。

 

~今回の内容~

要支援と要介護の違い

介護保険で受けられるサービス

 

要支援と要介護の違い

よく耳にする方は要介護だと思いますが、要支援というものも存在します。

要介護は「すでに介助が必要になっている状態」で、要支援とは「今は介護の必要がないが、将来に備えて心身機能の維持・改善の支援が求められる状態」のことを言います。

杖やシルバーカーをもって歩いたり、認知症や人工骨頭を手術されている方などは要介護と認定されることが多い印象です。

杖を持たずに歩けたり、若くて認知症のない方などは要支援となることもあります。

要支援は1と2で、要介護は1から5まであります。

日常生活に必要な介助量が多いほど要支援・要介護の数字が高くなり、使えるサービスや福祉用具が多くなります。

例えば、寝たきりの人であればサービスとして訪問看護やデイサービス、福祉用具としてはモーター付きのベッドや車いすのレンタルなどが必要になるため、要介護5が認定されたりします。

このようにその方の状態に合わせて必要なサービスや福祉用具を想定した結果で要支援・要介護が認定されていきます。

介護保険で受けられるサービス

主に施設サービスと居宅サービスに分けられます。

 

施設サービスとは、施設に入居して介護サービスを受けることが可能です。

介護保険法によって施設サービスと認められているのは「介護老人保健施設」、「特別養護老人ホーム」、「介護療養型医療施設」の3つとなっています。

介護老人保健施設のみ、「在宅での介護を目指すための施設」となっているため、在宅復帰を前提としています。

 

居宅サービスとは、主に介護福祉士や訪問介護員が利用者様の自宅を訪問し、自宅にいながら受けられるサービスのことを指します。

種類としては訪問看護・訪問介護・デイケア・デイサービス・ショートステイ・福祉用具のレンタルサービスがあります。

福祉用具は、車椅子・特殊寝台・床ずれ防止用具・手すり・スロープ・歩行器・歩行補助具・認知症老人徘徊感知機器・移動用リフト・自動排泄処理装置などがあります。

注意して頂きたいのは、足が1本しかない1本杖は介護保険でのレンタルはできないことです。

ただ、足が3・4本ある多軸杖や松葉杖は介護保険にてレンタルが可能となります。

 

要支援・要介護によって、受けられるサービスの数に変化はあります。

リハビリをもっと行いたいのに訪問看護や福祉用具のレンタルであまり訪問リハビリを入れることが出来ないことがあります。

少ない訪問リハビリだけでなくもっとリハビリをしたい!!!

そのような方のために自費リハビリがあります。

ぜひ、体験リハビリにお越しください!

 

京都・関西地区No.1の自費リハビリ施設をお探しの方はこちら
体験リハビリってどんなことをするの?京都で実績No1の脳梗塞専門リハビリ&鍼灸!

 

 

脳梗塞専門の体験リハビリ120分を無料で受けていただけます!

ご予約・ご相談は随時受付しております。

お問い合わせフォームはこちら

 

お問い合わせやご質問は↓こちらからもお待ちしております^^

電話番号:0774-39-8640

LINEからも承ります。QRコードで読み取る、もしくはLINEのロゴをタップ!

 

 

駐車場あります!遠くからのご来店も安心してお越しくださいませ。

宇治だけでなく、京都・城陽・京田辺・八幡方面からのアクセスも良好です。

↑地図をクリックするとGoogleマップに移ります。

 

1分で分かる!脳梗塞リハビリのぞみ・京都へのアクセス方法

各種SNSでも最新情報を発信しております!

Facebook

https://www.facebook.com/nouriha.n.kyoto

Instagram

https://www.instagram.com/rihabiri_nozomi/

Twitter

https://twitter.com/nouriha_kyoto/

くも膜下出血とは…

2022年04月8日

こんにちは!

京都府宇治市にある、脳梗塞リハビリのぞみ・京都の理学療法士の飯尾です。

 

みなさん、くも膜下出血というものを聞いたことはありますか?

発症すると致死率が50とかなり怖い脳出血の一つです。

芸能人の方で発症される方もいますし、脳ドックでくも膜下出血の発症要因である動脈瘤が見つかるという話もよく聞きます。

身近で恐ろしいこの病気のことを知っていますか?

今回は、くも膜下出血に関してみなさんとシェアしていきたいと思います。

 

~今回の内容~

くも膜下出血とは

くも膜下出血の対策

 

くも膜下出血とは

くも膜下出血は、脳動脈にできた動脈瘤が破裂することで発症します。

90%は上記方法で発症しますが、残りの10%は交通事故や脳動脈奇形により発症すると言われています。

動脈の分岐部に動脈瘤はできやすく、動脈瘤ができる原因は不明です。

破けた際は、コイル塞栓術クリッピング術といった手術を行います。

この図はコイル塞栓術です。

血流が動脈瘤の中に流れないようにコイルを埋めこむ方法です。

 

この図はクリッピング術です。

動脈瘤の根元にクリップを巻き、血流が破れた動脈瘤の中に行かないようにします。

コイル塞栓術の場合は開頭せずに行えますが、クリッピング術は開頭して行うため患者様への負担は大きくなります

 

好発年齢は50~60歳代で女性に多く、前兆もなく突然発症することが特徴です。

発症した際の症状としては、激しい頭痛・意識障害・嘔吐などがあります。

頭痛としてはバットで殴られたような激しい痛みと言われるほど、強烈な痛みが突然起こります。

ただし、頭痛を発症しない方もいますがほとんどの方は意識障害が出現します。

これらの症状が出たときはすぐに救急車を呼びましょう。

くも膜下出血の前兆としては、血圧が激しく上昇・下降するため、普段からの血圧チェックが大切です。

普段よりも血圧が上昇している状態が続いた場合は、受診することをお勧めします。

 

くも膜下出血の対策

万が一、脳ドックで動脈瘤が見つかった際の対策として血圧管理が重要になっていきます。

降圧剤などの薬でコントロールするほか、高血圧に対しては生活習慣病由来の動脈硬化などが原因として挙げられるため、普段の脂っこい食生活の改善や禁煙なども大切です。

また、早期発見ということで、40代からは定期的な脳ドックの検診も未然に動脈瘤の破裂を防ぐには必要です。

一度、脳ドックに行ってみませんか?

食生活や運動習慣でお困りごとがありましたら、私たちにお任せください!

 

京都・関西地区No.1の自費リハビリ施設をお探しの方はこちら
体験リハビリってどんなことをするの?京都で実績No1の脳梗塞専門リハビリ&鍼灸!

 

 

脳梗塞専門の体験リハビリ120分を無料で受けていただけます!

ご予約・ご相談は随時受付しております。

お問い合わせフォームはこちら

 

お問い合わせやご質問は↓こちらからもお待ちしております^^

電話番号:0774-39-8640

LINEからも承ります。QRコードで読み取る、もしくはLINEのロゴをタップ!

 

 

駐車場あります!遠くからのご来店も安心してお越しくださいませ。

宇治だけでなく、京都・城陽・京田辺・八幡方面からのアクセスも良好です。

↑地図をクリックするとGoogleマップに移ります。

 

1分で分かる!脳梗塞リハビリのぞみ・京都へのアクセス方法

各種SNSでも最新情報を発信しております!

Facebook

https://www.facebook.com/nouriha.n.kyoto

Instagram

https://www.instagram.com/rihabiri_nozomi/

Twitter

https://twitter.com/nouriha_kyoto/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

回復期のリハビリってどんなことをするの?!

2022年04月4日

こんにちは!

京都府宇治市にある、脳梗塞リハビリのぞみ・京都の理学療法士の飯尾です。

 

私自身、回復期の病院に勤めて4年が経とうとしています。

毎日、やりがいを感じながらリハビリを行えることに感謝しています。

そんな回復期のリハビリを皆さんに紹介できたらと思います。

~今回の内容~

回復期とは

回復期のリハビリとは

 

回復期とは

皆さん、回復期とはご存じでしょうか

骨折や脳卒中の発症から、初めは急性期の病棟に運ばれ、状態が落ち着いた後に回復期の病棟に移動することになります。

骨折であれば10~20日くらい、脳卒中であれば14~30日くらいで急性期から回復期に移動さします。

リハビリの時間は、

急性期は平日に1日40分から多くて120分、回復期は365日、1日180分行います。

整形疾患の方であれば理学療法士が一日3人、脳血管疾患であれば理学療法士・作業療法士・言語聴覚士がリハビリを行います。

回復期という名前もあって、しっかりとリハビリを受けて頂き、退院に向けて支援を行います。

整形疾患の方は入院上限日数が90日脳血管疾患の方は180日と決まっており、その日数以上の入院は不可能となっています。

 

働いている私たちからしたら、退院まで患者様に携われることにすごくやりがいを感じます

その一方、患者様の人生を変えてしまうという責任感も強く感じています。

 

回復期のリハビリとは

それでは、回復期のリハビリを紹介します。

 

整形疾患の方は、まずは除痛を最優先に考え、可能な範囲での歩行訓練を進めます。

痛みが強い時期であれば歩行の際に歩行器を使用し、痛みが落ち着いてくると杖または杖なしでも歩けるようになってきます。

そこまで回復すると屋外の長い距離を歩いたり、階段の昇り降り、また家事動作の練習など、退院後の生活に合わせたリハビリを行っていきます。

だいたいの方は、45~60日くらいで退院されることが多いです。

 

次に、脳血管疾患の方は重症度に合わせたリハビリを行います。

血圧変動が大きい方はまずはベッドの頭の部分を高くしたり、座ることから始めます。

座っても血圧変動が大きくなければ立ったり、歩いたりします。

その際に、麻痺が強く足に力が入らない場合は装具をつけて歩いたりします。

脳卒中は発症してから3ヶ月以内が肝心なため、状態が安定すればどんどん歩いたり筋力トレーニングをし、時には電気治療やロボット治療も行います。

足に力が入るようになってきたら、装具を短くしたりプラスチックの軽い小型の装具に変えていきます。

その方の麻痺の程度に合わせた装具を提供しています。

また、お若い方も多く、仕事復帰に向けたリハビリであったり、車の運転を希望される方は言語聴覚士が自動車運転に必要な評価をとります。

早い方で30~60日、最初に症状が重かった方で90~150日程度で退院されます。

 

退院後もリハビリを継続される方はたくさんいらっしゃいます。

訪問リハビリやデイサービスでリハビリを受けられることが多いのですが、時間が短かったり環境が整っていないなど不十分なこともあります。

脳梗塞リハビリのぞみでは、120分のパーソナルな環境でリハビリを行うことができ、リハビリ器具も揃っております。

ご希望の方はいつでもご相談承ります。

 

 

京都・関西地区No.1の自費リハビリ施設をお探しの方はこちら
体験リハビリってどんなことをするの?京都で実績No1の脳梗塞専門リハビリ&鍼灸!

 

 

脳梗塞専門の体験リハビリ120分を無料で受けていただけます!

ご予約・ご相談は随時受付しております。

お問い合わせフォームはこちら

 

お問い合わせやご質問は↓こちらからもお待ちしております^^

電話番号:0774-39-8640

LINEからも承ります。QRコードで読み取る、もしくはLINEのロゴをタップ!

 

 

駐車場あります!遠くからのご来店も安心してお越しくださいませ。

宇治だけでなく、京都・城陽・京田辺・八幡方面からのアクセスも良好です。

↑地図をクリックするとGoogleマップに移ります。

 

1分で分かる!脳梗塞リハビリのぞみ・京都へのアクセス方法

各種SNSでも最新情報を発信しております!

Facebook

https://www.facebook.com/nouriha.n.kyoto

Instagram

https://www.instagram.com/rihabiri_nozomi/

Twitter

https://twitter.com/nouriha_kyoto/

 

脳卒中による感覚障害とは…

2022年04月1日

こんにちは!

京都府宇治市にある、脳梗塞リハビリのぞみ・京都の理学療法士の飯尾です。

 

みなさん、感覚と言ったらなにを思い浮かべますか?

触覚痛覚温度覚などなど感覚の種類はたくさん存在します。

健常の方であれば、すべての感覚に障害はなく感じることができます。

しかし、脳卒中によって脳が損傷された場合、あらゆる感覚が障害されてしまいます。

それは、脳の損傷部位によって障害される感覚が異なります。

今回は、感覚の種類と感覚障害に対してのリハビリをご紹介していきたいと思います。

~今回の内容~

感覚の種類

感覚障害に対してのリハビリ

 

感覚の種類

感覚にはたくさんの種類があります。

まず、大きく3つに分けると…

体性感覚 ②内臓感覚 ③特殊感覚

が、あります。

体性感覚は表在感覚深部感覚に分けられます。

表在感覚には、痛覚・温度覚・触覚があり、皮膚で感じやすい感覚を指します。

脳卒中で表在感覚が障害されると、立っている足の感覚や物に触れている感覚などがわかりにくくなります

 

深部感覚とは、体の各部分の位置・運動の状態、体に加わる抵抗、重量を感知する感覚を指します。

脳卒中で深部感覚が障害されると、体がどのように動いているかを把握することができなくなります

 

次に、内臓感覚とはお腹の空腹感やのどの渇き、便意、尿意、吐き気、胃の痛みなど内臓から得られる感覚を指します。

脳卒中により内臓感覚が障害されると、のどの渇きに気づきにくく脱水になることや、便意や尿意が分からず漏らしてしまい、介助者の負担が増えてしまうことが起きてしまいます。

 

3つ目に特殊感覚とは、視覚・聴覚・平衡覚・嗅覚・味覚を指します。

動作に影響がでやすいとしたら平衡覚の損傷によりバランス機能が低下することが挙げられます。

 

感覚にもたくさんの種類があります。

体の外から内までに感じる感覚は数多くあり、感覚が障害されることで日常生活や動作に悪影響を及ぼします。

 

感覚障害に対してのリハビリ

表在感覚がわかりにくい方であれば、より刺激物のあるものに触れて感覚を研ぎ澄ましたり、感じることができる感覚で代償するなどの必要があります。

足裏の感覚が分からなければ、とげとげのような突起物を押し当てることで感覚がわかりやすくなることがあります。

また、触覚がわかりにくいが温度覚はわかる方などは、温かいものや冷たいものを使用し、感覚を入力をすることもあります。

残存している感覚・感度を見極め、使用していくということが重要であると考えます。

 

深部感覚障害のため、体がどう動いているかわかりにくい方であれば、鏡などを使用することで視覚的に体がどう動いているかを認識し、視覚情報を脳に入力していくことが重要になります。

手や足の動きを逐一鏡をみて確認し、どれくらいの力でどれだけ動くのかを認識・学習することで、少しづつ動きがわかるようになってきます。

 

これらのように、リハビリでは障害された感覚は他の感覚や環境で代償することが多いです。

感覚が障害されたからといって、感覚が戻らなくなるということではありません。

リハビリで感覚が徐々に回復される方もいます。

また、鍼灸によって回復されることもあります。

当施設では充実したリハビリ器具・環境に加え、鍼灸によるアプローチも行えます。

感覚障害で悩まれている方、一度お話だけでも聞かせて下さい!

 

京都・関西地区No.1の自費リハビリ施設をお探しの方はこちら
体験リハビリってどんなことをするの?京都で実績No1の脳梗塞専門リハビリ&鍼灸!

 

 

脳梗塞専門の体験リハビリ120分を無料で受けていただけます!

ご予約・ご相談は随時受付しております。

お問い合わせフォームはこちら

 

お問い合わせやご質問は↓こちらからもお待ちしております^^

電話番号:0774-39-8640

LINEからも承ります。QRコードで読み取る、もしくはLINEのロゴをタップ!

 

 

駐車場あります!遠くからのご来店も安心してお越しくださいませ。

宇治だけでなく、京都・城陽・京田辺・八幡方面からのアクセスも良好です。

↑地図をクリックするとGoogleマップに移ります。

 

1分で分かる!脳梗塞リハビリのぞみ・京都へのアクセス方法

各種SNSでも最新情報を発信しております!

Facebook

https://www.facebook.com/nouriha.n.kyoto

Instagram

https://www.instagram.com/rihabiri_nozomi/

Twitter

https://twitter.com/nouriha_kyoto/

 

2年間ありがとうございました

2022年03月25日

こんにちは!

京都府宇治市にある、脳梗塞リハビリのぞみ・京都の理学療法士の飯尾です。

 

私自身、非常勤として脳梗塞リハビリのぞみに勤めて約2年が経ちました。

そして、2022年3月をもって退職することになりました。

そのため、今回をもって私が発信するブログは最終回となります。

いつもブログを見ていただき、本当にありがとうございました。

この2年間、本当に様々な経験をさせていただき、リハビリ以外のことも多く学ばしていただきました。

今回は、私がこの2年間で経験したことや学んだことをシェアできたらと思います。

 

~今回の内容~

脳梗塞リハビリのぞみに応募したきっかけ

この2年間で経験・学んだこと

最後に

 

脳梗塞リハビリのぞみに応募したきっかけ

私は元々回復期リハビリテーション病院に勤めていました。

病院では整形疾患や脳血管疾患など、様々な病態の患者様がいました。

その中で、ある一人の患者様と出会いました。

 

その方は男性でご年齢をお若くして脳梗塞となり、右半身に重度の麻痺を患っていました。

麻痺により力が入らないため、右足には大きな装具をつけ、体を後ろから抱え歩行練習を行っていました。

ある日、娘様とお孫様がリハビリに見学に来られました。

歩行練習中にお孫様が手をふっていました。

最初は患者様も笑顔で手をふりかえされていましたが、急に立ったまま大声を上げて泣きだされました。

様々な想いがあって、感情が込み上げてきたことだったと思います。

その姿を見て、私自身ももっとこのような方々に携わりたいと思い、非常勤としてのリハビリを探していました。

その時に、脳卒中に特化した自費リハビリ施設を立ち上げるという脳梗塞リハビリのぞみの募集サイトを見つけました。

脳卒中の方のリハビリをできることと施設の立ち上げということに興味を持ち、応募させていただきました。

 

この2年間で経験・学んだこと

施設の立ち上げ当初は、周知活動がメインでした。

色々な事業所や病院を回り、名刺交換やチラシの配付・説明など行っていました。

普段病院勤務では経験できないようなことを行い、周知することの大変さを経験しました。

また、SNSによる活動も重要ということでブログや自主トレ動画制作にも携わってきました。

頻繁に更新することで、サイトを見に来てくださった方に当施設が活動していることを伝えることができ、お問い合わせに繋がっていくようになりました

 

リハビリは、利用者様のパーソナルな目標に向けて行ってきました。

病院では行えないような鍼灸との組み合わせや周りを気にせずにアクティブな運動、時には利用者様の希望とする屋外でのリハビリを行ってきました。

時間も120分と長いため、利用者様にしっかりと向き合うことができました。

利用者様は正確な目標をもって訪れて下さります。

正確な目標達成に必要なプロセスを細かく、丁寧に設定することが重要であることを学びました

リハビリ以外では、定期的に健康寿命の延伸目的で運動教室という活動を行っていきました。

初めは少数限定で地域の方と当施設で行ってきましたがコロナ禍ということもあり、途中からはYouTube配信という形で続けていきました。

運動教室では地域の方々とも関わることができ、また視聴回数も多くみなさんにみていただけてるというモチベーションの向上に繋がりました。

 

リハビリだけでなく、施設としての立ち上げの段階の貴重な経験もさせていただきました

その中で成功や失敗などたくさんのことを学ばさせていただきました。

 

最後に

約2年間、リハビリに来ていただいた利用者様、ブログ・YouTubeを視聴していただいた皆様、当施設を紹介していただいたケアマネージャーの皆様、そしてのぞみのスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

脳卒中後のリハビリでお困りの方はまだまだたくさんいらっしゃいます。

介護保険が使えない、介護保険だけじゃリハビリが物足りない、もっともっと良くなりたい方のための自費リハビリ施設は必ず必要です。

脳梗塞リハビリのぞみも同じです。

今後も少しでも多くの利用者様ののぞみを叶えていただき、皆様の笑顔があふれるような施設になるように願っております。

 

京都・関西地区No.1の自費リハビリ施設をお探しの方はこちら
体験リハビリってどんなことをするの?京都で実績No1の脳梗塞専門リハビリ&鍼灸!

 

 

脳梗塞専門の体験リハビリ120分を無料で受けていただけます!

ご予約・ご相談は随時受付しております。

お問い合わせフォームはこちら

 

お問い合わせやご質問は↓こちらからもお待ちしております^^

電話番号:0774-39-8640

LINEからも承ります。QRコードで読み取る、もしくはLINEのロゴをタップ!

 

 

駐車場あります!遠くからのご来店も安心してお越しくださいませ。

宇治だけでなく、京都・城陽・京田辺・八幡方面からのアクセスも良好です。

↑地図をクリックするとGoogleマップに移ります。

 

1分で分かる!脳梗塞リハビリのぞみ・京都へのアクセス方法

各種SNSでも最新情報を発信しております!

Facebook

https://www.facebook.com/nouriha.n.kyoto

Instagram

https://www.instagram.com/rihabiri_nozomi/

Twitter

https://twitter.com/nouriha_kyoto/

 

 

 

 

 

【体重移動のコツ!!】自主トレ動画のご紹介⑤

2022年03月12日

こんにちは!

京都府宇治市にある、脳梗塞リハビリのぞみ・京都の理学療法士の飯尾です。

 

YouTubeにて立った状態での体重移動のポイントをまとめた動画をUpしました!

左右の足に対し、正しい姿勢での体重移動を行う方法をまとめました。

体幹・お尻の筋肉がしっかり働けるような体重移動のコツを説明していますので、是非参考にしてみて下さい!

 

京都・関西地区No.1の自費リハビリ施設をお探しの方はこちら
体験リハビリってどんなことをするの?京都で実績No1の脳梗塞専門リハビリ&鍼灸!

 

 

脳梗塞専門の体験リハビリ120分を無料で受けていただけます!

ご予約・ご相談は随時受付しております。

お問い合わせフォームはこちら

 

お問い合わせやご質問は↓こちらからもお待ちしております^^

電話番号:0774-39-8640

LINEからも承ります。QRコードで読み取る、もしくはLINEのロゴをタップ!

 

 

駐車場あります!遠くからのご来店も安心してお越しくださいませ。

宇治だけでなく、京都・城陽・京田辺・八幡方面からのアクセスも良好です。

↑地図をクリックするとGoogleマップに移ります。

 

1分で分かる!脳梗塞リハビリのぞみ・京都へのアクセス方法

各種SNSでも最新情報を発信しております!

Facebook

https://www.facebook.com/nouriha.n.kyoto

Instagram

https://www.instagram.com/rihabiri_nozomi/

Twitter

https://twitter.com/nouriha_kyoto/

【立ち上がり動作のコツ!!】自主トレ動画のご紹介④

2022年03月9日

こんにちは!

京都府宇治市にある、脳梗塞リハビリのぞみ・京都の理学療法士の飯尾です。

 

YouTubeにて立ち上がり動作のポイントをまとめた動画をUpしました!

立ち上がりの際に手の緊張を上げないような手順をまとめました。

腕の力が自然と抜ける立ち上がり方を説明していますので、是非参考にしてみて下さい!

 

 

京都・関西地区No.1の自費リハビリ施設をお探しの方はこちら
体験リハビリってどんなことをするの?京都で実績No1の脳梗塞専門リハビリ&鍼灸!

 

 

脳梗塞専門の体験リハビリ120分を無料で受けていただけます!

ご予約・ご相談は随時受付しております。

お問い合わせフォームはこちら

 

お問い合わせやご質問は↓こちらからもお待ちしております^^

電話番号:0774-39-8640

LINEからも承ります。QRコードで読み取る、もしくはLINEのロゴをタップ!

 

 

駐車場あります!遠くからのご来店も安心してお越しくださいませ。

宇治だけでなく、京都・城陽・京田辺・八幡方面からのアクセスも良好です。

↑地図をクリックするとGoogleマップに移ります。

 

1分で分かる!脳梗塞リハビリのぞみ・京都へのアクセス方法

各種SNSでも最新情報を発信しております!

Facebook

https://www.facebook.com/nouriha.n.kyoto

Instagram

https://www.instagram.com/rihabiri_nozomi/

Twitter

https://twitter.com/nouriha_kyoto/

 

 

【寝返り動作のコツ!!】自主トレ動画のご紹介③

2022年03月5日

こんにちは!

京都府宇治市にある、脳梗塞リハビリのぞみ・京都の理学療法士の飯尾です。

 

YouTubeにて寝返り動作のポイントをまとめた動画をUpしました!

寝返りをしながら手足の緊張を落とすテクニックをまとめました。

身体のどの部分から寝返りをしたら良いかを細かく順番にして説明していますので、是非参考にしてみてください!

 

 

京都・関西地区No.1の自費リハビリ施設をお探しの方はこちら
体験リハビリってどんなことをするの?京都で実績No1の脳梗塞専門リハビリ&鍼灸!

 

 

脳梗塞専門の体験リハビリ120分を無料で受けていただけます!

ご予約・ご相談は随時受付しております。

お問い合わせフォームはこちら

 

お問い合わせやご質問は↓こちらからもお待ちしております^^

電話番号:0774-39-8640

LINEからも承ります。QRコードで読み取る、もしくはLINEのロゴをタップ!

 

 

駐車場あります!遠くからのご来店も安心してお越しくださいませ。

宇治だけでなく、京都・城陽・京田辺・八幡方面からのアクセスも良好です。

↑地図をクリックするとGoogleマップに移ります。

 

1分で分かる!脳梗塞リハビリのぞみ・京都へのアクセス方法

各種SNSでも最新情報を発信しております!

Facebook

https://www.facebook.com/nouriha.n.kyoto

Instagram

https://www.instagram.com/rihabiri_nozomi/

Twitter

https://twitter.com/nouriha_kyoto/

【座る姿勢のコツ!!】自主トレ動画のご紹介②

2022年03月2日

こんにちは!

京都府宇治市にある、脳梗塞リハビリのぞみ・京都の理学療法士の飯尾です。

 

YouTubeにて座る姿勢のポイントをまとめた動画をUpしました!

姿勢の正し方や体幹の筋力を使わせるような座り方をまとめています。

脳卒中の方は姿勢が崩れやすいと思いますので、是非参考にしてみて下さい!

 

京都・関西地区No.1の自費リハビリ施設をお探しの方はこちら
体験リハビリってどんなことをするの?京都で実績No1の脳梗塞専門リハビリ&鍼灸!

 

 

脳梗塞専門の体験リハビリ120分を無料で受けていただけます!

ご予約・ご相談は随時受付しております。

お問い合わせフォームはこちら

 

お問い合わせやご質問は↓こちらからもお待ちしております^^

電話番号:0774-39-8640

LINEからも承ります。QRコードで読み取る、もしくはLINEのロゴをタップ!

 

 

駐車場あります!遠くからのご来店も安心してお越しくださいませ。

宇治だけでなく、京都・城陽・京田辺・八幡方面からのアクセスも良好です。

↑地図をクリックするとGoogleマップに移ります。

 

1分で分かる!脳梗塞リハビリのぞみ・京都へのアクセス方法

各種SNSでも最新情報を発信しております!

Facebook

https://www.facebook.com/nouriha.n.kyoto

Instagram

https://www.instagram.com/rihabiri_nozomi/

Twitter

https://twitter.com/nouriha_kyoto/

 

1 2 3 4 5 10