脳梗塞における冷えの原因と改善策 城陽市・宇治市のリハビリ

2022年11月8日

こんにちは。

脳梗塞リハビリのぞみ・京都の理学療法士の塩見です。

 

脳梗塞・脳出血の後遺症で多い悩みの一つ 『手足の冷え』

最近、肌寒い季節となり、当施設に通ってくださっている利用者さまからも手足が冷えて困っているとの声をたくさん聞きます。

 

そこで、今回は『冷え』で困っている方に向けて、原因と予防方法を説明します。

 

 

①冷えの原因

 

脳出血・脳梗塞を発症した方の多くは麻痺側の『冷え』でお困りの方が多いかと思います。

大きな原因の一つが

末梢の血流障害自律神経機能の調整不良です。

脳血管疾患の方は特に血流や循環機能の低下、自律神経の調整不良が生じやすいため、抹消がかなり冷える傾向にあります。

 

☆抹消の血流障害の原因

血管壁の硬化などにより血液循環や基礎代謝の低下による熱産生の減少,筋肉量の減少による体温調節機能の低下などが要因です。

 

☆自律神経の調整不良の原因

脳血管疾患の後遺症をお持ちの方は交感神経が優位となり、筋肉が緊張しやすくなります。

それにより、末梢の血管が収縮し,循環が悪くなり、抹消の冷えに繋がります。

 

 

②冷える方の特徴

・血圧が高め

・心拍数が高め

・食事制限によるダイエットをしている

・BMI・体脂肪率・基礎代謝量が低下している

・スト レスが溜まっている

など

これらの症状は、交感神経活動が高まり末梢の血管を収縮させ,末梢の 血流障害を起こします

 

ヒトが核心温を維 持するためには,からだの熱産生の割合が熱喪失の割合と同じでなければならなりません。しかし,熱産生の割合が小さくなり,熱喪失の割合が大きくなると,交感神経を刺激し,皮膚血管の収縮を引き起こします。これにより、末梢の血流量が低下し,熱放散を抑え、体が冷えてきます

 

③冷えの改善策

①脳血管疾患で麻痺などの後遺症がある方は、交感神経が優位になりやすく筋肉の緊張が高まりやすいので、できるだけ深呼吸をするなどしリラックスする時間を作り副交感神経を働かせることが大切です。

②また、筋肉の収縮が起こらなければ、血流循環が悪くなり、抹消が冷えてしますので、出来る範囲でストレッチや筋力トレーニングをして、筋肉を動かすことが大切です。

③また、食事内容を見直し、体の芯から温まる食材を選ぶことも大切です。

 

まとめ

☆冷えの原因は、

交感神経が優位になり、血管を収縮させ、循環が悪くなることが主な原因

 

☆改善策

リラックスする

筋肉を働かせる軽い運動を行う

体が温まる食材を摂取する

 

☆脳梗塞リハビリのぞみ・京都でできること

鍼灸でリラックス(副交感神経を優位に)

お灸で身体を温める

鍼灸師による東洋医学的な考えで豆知識をお伝えします

 

 

脳梗塞・脳出血後遺症により冷えでお困りの方はいつでも相談承ります。

 

京都・関西地区No.1の自費リハビリ施設をお探しの方はこちら
体験リハビリってどんなことをするの?京都で実績No1の脳梗塞専門リハビリ&鍼灸!

 

 

脳梗塞専門の体験リハビリ120分を無料で受けていただけます!

ご予約・ご相談は随時受付しております。

お問い合わせフォームはこちら

 

お問い合わせやご質問は↓こちらからもお待ちしております^^

電話番号:0774-39-8640

LINEからも承ります。QRコードで読み取る、もしくはLINEのロゴをタップ!

 

 

駐車場あります!遠くからのご来店も安心してお越しくださいませ。

宇治だけでなく、京都・城陽・京田辺・八幡方面からのアクセスも良好です。

↑地図をクリックするとGoogleマップに移ります。

 

1分で分かる!脳梗塞リハビリのぞみ・京都へのアクセス方法

各種SNSでも最新情報を発信しております!

Facebook

https://www.facebook.com/nouriha.n.kyoto

Instagram

https://www.instagram.com/rihabiri_nozomi/

Twitter

https://twitter.com/nouriha_kyoto/

 

自主練習の成果をご紹介!! 城陽市・宇治市の脳梗塞リハビリ

2022年09月22日

脳梗塞リハビリのぞみ・京都の塩見です。

本日はリハビリを一生懸命に頑張ってらっしゃる利用者さまのご紹介です。

7月中旬からリハビリを開始し、徐々に歩行がスムーズになってきました。

何といってもこの方は自主練習を徹底的に取り組まれ、リハビリの度に課題を修正し、ステップアップしてこられます。

いつも記入してくださっている自主練習ノートを見ると、きっちりとその日の出来事やうまくできるようになったこと、課題点などを記載され、努力されていることが伝わってきます。

自己管理をきっちりされ、前向きに明るく、取り組まれているからこそ、成果が出ているように思います。

いつもリハビリ中にお話をしていて、とても楽しく笑かされてばかりです。

ちょっとした出来るようになったことや上手くいったことをプラスに捉え

“口に出して伝える”

こともすごく大切であると、利用者さまから学ばせていいただいています。

 

本日の内容

①リハビリの内容

②自主練習の内容

③できるようになってきたこと

 

①リハビリの内容

症状

●体幹の失調→体幹の機能が弱く、姿勢保持やバランスを保つことが難しい

●軽度の右麻痺→左と比較し、右足の支持性や体重移動が難しい

 

目標

●家の中を支えなしで歩きたい

●料理をしたい

 

状態

リハビリ開始時

●立位を保てるけど不安定

●立ち上がりは重心が後ろに行き、後方に不安定

●一歩を大きく出すのが難しい

●家の中で支えがないと歩けない

●外の移動は車椅子

 

2か月後

●しっかり立てるようになった

●立ち上がりは、前に体重が乗るようになりかなり安定してきた

●歩幅が大きくなり、歩行速度が上がってきた

●支えなしでコップを持って歩けるようになった

●外も旦那様のサポートで歩けるようになってきた

 

 

 

 

リハビリの内容

●体幹機能を向上させる運動

→寝返り・骨盤を動かす運動・腹筋運動・膝立ち運動など

●バランスを向上させる運動

→クッション上での体重移動・ステップ練習など

●歩行練習

→体重移動を丁寧に、上半身をリラックスして歩く

 

☆リハビリの様子

 

 

 

②自主練習の内容

その都度、練習の達成度に応じて自主練習を伝えています。

利用者さまの努力が素晴らしく、毎回のリハビリで自主練習が定着し、できることが増えています。

内容は

●骨盤を動かす運動

●立ち上がり

●寝返り

●膝立ち

●体重移動

●上半身をリラックス

などなど、、、

動きに直結する運動をを伝えています。

 

☆自主練習の動画

 

 

一生懸命な利用者さまのため、分からないことはLINEで質問してくださり、課題解決に励まれます。

正しいやり方が分かるように運動の動画を送ると、すぐに実践されコツをつかんでくださいます。

リハビリは自主練習の質で成果が変わってくると言っても過言ではありません。

伝えた内容を必ずやってくださっている成果が動きの改善に繋がっていますね。

 

もう一点は、リハビリノートをきっちりと記入してくださっています。

毎日の出来事や練習内容、上手くできるようになったことを丁寧に書いてくださっています。

自分で課題を見つけ、上手くできるように実践し、解決させてリハビリに来て下さるので、一回一回で積み重なっていることが良くわかります。

そして、ちょっとの変化でも自分で感じて、伝えてくださいます。

とてもプラス思考で前向きであることも、成果に繋がるポイントですね。

 

③出来るようになってきたこと

ご本人さまからのお声

●『家の中でバランスを崩すことが減ってきて、何も持たずに歩けるようになってきた』

●『コップを持って、キッチンまで歩けるようになってきた』

●『床へ座るのが支えなくても出来るようになってきた』

●『お外の段差も少しずつ安定してきた』

●『トイレに行った時に前は全然出なかったけど、最近すぐに出るようになってきた』

●『お母さんから、のぞみに通ってから歩くのが上手くなったと言ってもらえた』

などなど、少しずつ出来ることが増えてきました。

嬉しいお言葉をありがとうございます。

 

☆ご本人さまからのお声

 

☆歩行の比較 上:開始時から一か月 下:開始2か月半後

 

いつも楽しく最近の出来事をお話してくださり、私たちも毎回のリハビリが本当に楽しいです。

引き続き、出来ることが増え、自信を持っていただけるようにサポートさせていただきます。

 

京都・関西地区No.1の自費リハビリ施設をお探しの方はこちら
体験リハビリってどんなことをするの?京都で実績No1の脳梗塞専門リハビリ&鍼灸!

 

 

脳梗塞専門の体験リハビリ120分を無料で受けていただけます!

ご予約・ご相談は随時受付しております。

お問い合わせフォームはこちら

 

お問い合わせやご質問は↓こちらからもお待ちしております^^

電話番号:0774-39-8640

LINEからも承ります。QRコードで読み取る、もしくはLINEのロゴをタップ!

 

 

駐車場あります!遠くからのご来店も安心してお越しくださいませ。

宇治だけでなく、京都・城陽・京田辺・八幡方面からのアクセスも良好です。

↑地図をクリックするとGoogleマップに移ります。

 

1分で分かる!脳梗塞リハビリのぞみ・京都へのアクセス方法

各種SNSでも最新情報を発信しております!

Facebook

https://www.facebook.com/nouriha.n.kyoto

Instagram

https://www.instagram.com/rihabiri_nozomi/

Twitter

https://twitter.com/nouriha_kyoto/

 

 

次の挑戦に向けて!! 城陽市・宇治市のリハビリ 脳梗塞リハビリ

2022年09月7日

こんにちは。

脳梗塞リハビリのぞみ京都の理学療法士の塩見です。

 

のぞみには挑戦心に満ち溢れた利用者さまがいらっしゃいます。

次の挑戦は9月23日開業の西九州新幹線『かもめ』に乗ること!!

8月中旬に抽選でチケットがゲットでき、今から楽しみにされています。

 

リハビリ開始当初からも在来線に乗って移動されていましたが特急や新幹線の挑戦はされていませんでした。

リハビリを継続し、少しずつ歩くことに自信がつき、電車乗車中に動きながらでも立ち上がりができるようになるなど、足の支持性が徐々に向上してきました。

着実に安定性が向上してきましたが、挑戦心が高い利用者さまは『まだまだ』と諦めずにリハビリに励まれています。

 

正座ができるようになった時、低い台から立ち上がりができるようになった時、装具なしでも指が丸まらずきれいに歩けた時、エスカレーターに乗れるようになった時も、セラピストは大喜びしていますが、利用者さまは『もう少し』と自己で動作分析をしながら課題を見つけて、自分に厳しくトレーニングに励まれています。

でも時々、素直に『こんなことが出来るようになった(*^^*)』と優しく喜ばれる時があり、日々のリハビリの成果をセラピストと実感し合っています。

この前は、『左手(麻痺側)でペットボトルを保持できる確率が上がってきた、まだリーチはできないけど、、、→(次の課題を認識されています)』と教えてくださいました。

長く続けてくださり、リハビリ期間中に復職もされ、いろいろなことに自信がついてこられた印象です。

新幹線は、京都ー名古屋間や特急も既に乗れるようになられていますが、今回の挑戦がこれまでで一番の長旅になります。

楽しい旅行になるよう心から応援しています!

そして、次の挑戦がまだまだ続いている利用者さまから『のぞみのリハビリはずっと続ける予定です』とのお声がありました。

これからも引き続き目標に向けてサポートさせていただきます。

 

 

京都・関西地区No.1の自費リハビリ施設をお探しの方はこちら
体験リハビリってどんなことをするの?京都で実績No1の脳梗塞専門リハビリ&鍼灸!

 

 

脳梗塞専門の体験リハビリ120分を無料で受けていただけます!

ご予約・ご相談は随時受付しております。

お問い合わせフォームはこちら

 

お問い合わせやご質問は↓こちらからもお待ちしております^^

電話番号:0774-39-8640

LINEからも承ります。QRコードで読み取る、もしくはLINEのロゴをタップ!

 

 

駐車場あります!遠くからのご来店も安心してお越しくださいませ。

宇治だけでなく、京都・城陽・京田辺・八幡方面からのアクセスも良好です。

↑地図をクリックするとGoogleマップに移ります。

 

1分で分かる!脳梗塞リハビリのぞみ・京都へのアクセス方法

各種SNSでも最新情報を発信しております!

Facebook

https://www.facebook.com/nouriha.n.kyoto

Instagram

https://www.instagram.com/rihabiri_nozomi/

Twitter

https://twitter.com/nouriha_kyoto/

リハビリの成果は自主練習できまる?! 城陽市・宇治市のリハビリ

2022年09月1日

脳梗塞リハビリのぞみ・京都の理学療法士の塩見です。

『自主練習は大切です!!』

とよく聞きますよね!

多くの利用者さまのリハビリをさせていただき、自主練習をきっちりとやってくださる方ほど成果が出やすいことがハッキリと言えます。

やみくもに運動するのではなく、体の状態に応じ適した運動を習慣化することが大切です。

 

本日は自主練習を一生懸命に頑張ってくださっている利用者さまのご紹介をします。

 

毎回のリハビリで

『この運動を家でもするから動画撮って』

と言ってくださり、それを確実にマスターされます。

次に来た時には課題であった動作ができるようになり、またステップアップした自主練習ができるようになり、良くなる好循環が続きます。

そして、分からなかったことはそのままにするのではなく、毎回きっちりと質問をしてくださり、課題解決ができています。

このサイクルがとても大切ですね。

 

振り返ってみると、

リハビリ開始時は屋外車いす移動であったのが、現在は屋外を軽介助で歩くことができるようになってこられました。

この調子で活動範囲が広がっていくよう、サポートさせていただきます。

 

ある日、利用者さまから『私の動画でなくて、塩見さんが運動している動画にしてほしい』と要望があったため、塩見がモデルの運動動画を撮影し、YouTubeで配信しました。

すると、それが利用者さまから大好評で、『運動と解説が丁寧でとても分かりやすかったです』ととても喜んでいただきました。

『塩見さんがモデルの動画を真似すると、できることが増えました!!』と何度も動画を見ながら運動してくださっています。

まさかこんなにも喜んでいただけるとは思っていなかったので、利用者さまのためになって良かったと私たちも嬉しく思いました.

 

のぞみでは利用者さま個々に応じ、続けていただきやすいような自主練習の提示をしています。

自主練習でお困りの際はぜひご相談ください(*^^*)

 

 

京都・関西地区No.1の自費リハビリ施設をお探しの方はこちら
体験リハビリってどんなことをするの?京都で実績No1の脳梗塞専門リハビリ&鍼灸!

 

 

脳梗塞専門の体験リハビリ120分を無料で受けていただけます!

ご予約・ご相談は随時受付しております。

お問い合わせフォームはこちら

 

お問い合わせやご質問は↓こちらからもお待ちしております^^

電話番号:0774-39-8640

LINEからも承ります。QRコードで読み取る、もしくはLINEのロゴをタップ!

 

 

駐車場あります!遠くからのご来店も安心してお越しくださいませ。

宇治だけでなく、京都・城陽・京田辺・八幡方面からのアクセスも良好です。

↑地図をクリックするとGoogleマップに移ります。

 

1分で分かる!脳梗塞リハビリのぞみ・京都へのアクセス方法

各種SNSでも最新情報を発信しております!

Facebook

https://www.facebook.com/nouriha.n.kyoto

Instagram

https://www.instagram.com/rihabiri_nozomi/

Twitter

https://twitter.com/nouriha_kyoto/

『体が楽になってきました』2か月のリハビリ成果 宇治・城陽市 脳梗塞リハビリのぞみ・京都

2022年08月4日

こんにちは。脳梗塞リハビリのぞみ・京都の塩見です。

のぞみにはこの炎天下の中、1時間2時間かけてリハビリに通ってくださる方が沢山いらっしゃいます。いつも本当にありがとうございます。熱中症には注意なので、水分補給が大切ですね。

今日ご紹介する利用者さまも、いつも真昼間に電車に乗って遠くから来てくださっています。

『今日も暑い!!』とお疲れな様子ですが、駅から歩いた後でも、最近は姿勢の崩れなく落ち着いて歩くことができています。

なんと先日は、鴨川沿いを10㎞!!

も歩いたそうで、その後のリハビリで状態を確認すると、時にお変わりない様子でした。

リハビリ当初は、歩くと疲れるとお困りでしたが少しずつ楽に歩けるようになってきたようで嬉しいです。

 

本日の内容は

指の動きの練習について、、、

①指先を動かそうとすると体が固くなる原因

②指の練習の前にするべきこと

③利用者さまからの感想

 

①指先を動かそうとすると体が固くなる原因

指など手先を動かそうとすると、肩が上がったり、肘が開いたり、体幹が曲がったりと、力が入りすぎることはありませんか?

その状態で、無理に動かそうとすると悪い癖が付き、体が固くなり動きの制限に繋がってしまします。

利用者さまも初めは、手首や指先を動かそうとすると肩や背中に力が入りすぎ、上手く動きに繋がりませんでした。

 

原因は

・そもそも座っている姿勢が崩れている

・姿勢を認識できていない

・使いやすい筋肉が過剰に働きすぎている

・背中や腰が反りすぎていたり、丸くなりすぎている

・肩甲骨の動きや肩の動きがうまく出ていない

 

などが考えられます。

 

そこで、リハビリでは手順を大切にし、指を動かす練習の前に

・体幹の柔軟性を上げる

・体の歪みを整える

・固くなった肩回りの筋肉を正しい位置に整える

など、体の軸つくりから始めました。

 

徐々に体全身が楽な状態で、指が動かせるようになってきました。

 

指の練習の前にするべきこと

・姿勢を整えて

・腕が楽な状態を作っていく

 

・そもそもの固い筋肉を柔らかくする

・手の平に荷重感覚など様々な感覚を入力する

 

ことが大切です。

 

詳しく知りたい方は、ぜひご相談ください。

 

 

 

③利用者さまからの感想

『最近は少しずつ疲れずに歩けるようになってきた』

『麻痺している手で、自然にウォシュレットのボタンが押せるようになった』

と少しずつ出来ることが増えてきた様子です。

 

体がすごく固く、手足を動かすと、さらに固くなってしまう特徴があった利用者さまですが

軸を整えたことで徐々に動きが滑らかにスムーズになり、疲れにくいお体になってこられました。

良くなってきたことを実感してくださり、2クール目も続けて下さることになりました。

引き続き、一緒にリハビリ頑張りましょう!!

 

京都・関西地区No.1の自費リハビリ施設をお探しの方はこちら
体験リハビリってどんなことをするの?京都で実績No1の脳梗塞専門リハビリ&鍼灸!

 

 

脳梗塞専門の体験リハビリ120分を無料で受けていただけます!

ご予約・ご相談は随時受付しております。

お問い合わせフォームはこちら

 

お問い合わせやご質問は↓こちらからもお待ちしております^^

電話番号:0774-39-8640

LINEからも承ります。QRコードで読み取る、もしくはLINEのロゴをタップ!

 

 

駐車場あります!遠くからのご来店も安心してお越しくださいませ。

宇治だけでなく、京都・城陽・京田辺・八幡方面からのアクセスも良好です。

↑地図をクリックするとGoogleマップに移ります。

 

1分で分かる!脳梗塞リハビリのぞみ・京都へのアクセス方法

各種SNSでも最新情報を発信しております!

Facebook

https://www.facebook.com/nouriha.n.kyoto

Instagram

https://www.instagram.com/rihabiri_nozomi/

Twitter

https://twitter.com/nouriha_kyoto/

 

 

脳梗塞リハビリのぞみ・京都 開設2周年記念イベント開催!!

2022年07月28日

こんにちは!

脳梗塞リハビリのぞみ・京都の理学療法士の塩見です。

 

のぞみ開設2周年♡

利用者さまやサポートしてくださる皆様のおかげ様で

2022年7月15日に『脳梗塞リハビリのぞみ・京都』開設2周年を迎えました!!

最近は、たくさんの方々に『のぞみ』のリハビリを知っていただけるようになり、

毎日、利用者さまと一緒に楽しくリハビリをしています(*^^*)

お困りの方のお役に立てるよう、引き続き笑顔いっぱいで頑張ります!!

関わってくださる皆さまに心から感謝申し上げます。

くじ引き大会☆

2周年記念のイベントでくじ引き大会を行いました!!

【あたり】がでたら必ず素敵なプレゼントがもらえる最高のくじ引きです!!

 

利用者さまは

「ドキドキ!!ワクワク!!」しながら子供に戻ったかのように楽しくくじを引いてくださいました。

 

景品は???

 

リンパマッサージ券でした!!

のぞみならではの景品ですね!

多くの利用者さまは、ふくらはぎや足先のむくみが気になる方が多いかと思います。

そんな方にリンパマッサージは最適で、エステで使用する特別なエッセンスを使用するのでむくみが落ち着いてきます。

利用者さまも痛気持ちいと喜んでくださいました!(^^)!

 

他の景品は、

EMS、鍼・マッサージ、美容鍼 と一度は体験してみたい景品ばかりです。

 

体験された利用者さまからの感想は

お腹のリンパを受けた女性からは

『腸の活動が良くなり、お腹が柔らかくなりました♡』

美容鍼を受けた女性からは

『顔が小さくなった。嬉しいです!元気がでました♡』

と皆さん喜んでくださいました。

 

喜んでいただけて、私たちも嬉しいです☆

 

引き続き、お困りの方のお役に立てるよう、スタッフ一同精進してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします(*^^*)

 

京都・関西地区No.1の自費リハビリ施設をお探しの方はこちら
体験リハビリってどんなことをするの?京都で実績No1の脳梗塞専門リハビリ&鍼灸!

 

 

脳梗塞専門の体験リハビリ120分を無料で受けていただけます!

ご予約・ご相談は随時受付しております。

お問い合わせフォームはこちら

 

お問い合わせやご質問は↓こちらからもお待ちしております^^

電話番号:0774-39-8640

LINEからも承ります。QRコードで読み取る、もしくはLINEのロゴをタップ!

 

 

駐車場あります!遠くからのご来店も安心してお越しくださいませ。

宇治だけでなく、京都・城陽・京田辺・八幡方面からのアクセスも良好です。

↑地図をクリックするとGoogleマップに移ります。

 

1分で分かる!脳梗塞リハビリのぞみ・京都へのアクセス方法

各種SNSでも最新情報を発信しております!

Facebook

https://www.facebook.com/nouriha.n.kyoto

Instagram

https://www.instagram.com/rihabiri_nozomi/

Twitter

https://twitter.com/nouriha_kyoto/

脳梗塞リハビリにおける鍼灸の目的 城陽市・宇治市の鍼灸

2022年07月7日

京都府宇治市 脳梗塞リハビリのぞみ京都の鍼灸師スタッフ片岡です。

今回は、脳梗塞リハビリにおける鍼灸の目的をブログに綴りたいと思います。

 

目次

1 鍼灸の最大の目的はリラックス

2 脳梗塞リハビリの鍼灸は痛くない、熱くない

3 鍼灸はなぜリラックスできる?

4 リラックスするとリハビリの何にいいの?

 

1 鍼灸の最大の目的はリラックス

当施設のぞみのリハビリにおける鍼灸の最大の目的は、リラックスです。

鍼と聞くと

痛い 怖い

という印象をお持ちの方が多数おられます。

しかし、実は鍼灸はとっても気持ちいい施術なのです。

どれだけ気持ちいいかといいますと、、、

温泉に入っている猿のこの表情(*´-`)

 

当施設に通う利用者様は、これくらい気持ち良さそうに皆さん鍼灸を受けてくださいます。

(本当です)

私自身、鍼灸師として心地の良い鍼が大好きなので、鍼をうつごとになんとも言えないジンワリ感、力の抜けていく感を実感していただくことを目指して日々鍼灸の施術にあたっています。

なぜここまでリラックスできるのか?後ほど解説します。

 

2 脳梗塞リハビリの鍼灸は痛くない、熱くない

開発した頭の反応点に鍼を沿わせて麻痺や痛みを軽減させる手法です。脳梗塞後遺症やパーキンソン病など、主に中枢神経疾患に適応しています。

なぜ鍼灸はリラックスできるのかを解説する前に、そもそも鍼灸に対するイメージについて書きたいと思います。

鍼灸といえば

痛い 怖い 熱い

といったイメージがつきものです。

しかし、のぞみで行う鍼灸はそのイメージとは真逆をいく

心地良い、気持ちいい、リラックス

を目指しています。

たしかに、体の症状によっては痛みが出たり熱さを感じたりする施術方法もあります。

人間、十人十色で多種多様な人がいるように、世の中には多種多様な鍼灸師がいて、その人その人で施術のやり方に個性が表れていくと感じています。

その中でも当施設で選んでいる施術方法が

経絡治療YNSA(山元式新頭鍼療法)です。

経絡治療は、なかでも首藤伝明先生という方が開発した「超旋刺」と呼ばれる手法を用いています。

YNSAは、宮崎県の山元敏勝先生が

YNSAは頭に鍼を沿わせます

どちらの手法も鍼はほとんど沿わせるだけ。数ミリ単位で皮膚に優しく鍼先を当てる手法ですので、ほとんど痛みはでません。

使っている鍼は髪の毛ほどの細さで、注射針とは比べものにならないくらい細いものを使っています。

お灸についても、熱さ加減は調整できるお灸を用いています。熱くなりすぎる前に調整したり、その人に合わせた心地いい温かさを選べるようにしています。

お灸のイメージ ほかほか気持ち良い加減に調整します

 

 

3 鍼灸はなぜリラックスできる?

では、そもそもなぜ鍼灸はリラックスできるのでしょうか?

答えは、自律神経にあります。

ズバリ、鍼灸は自律神経に働きかける作用がある施術方法なのです。

自律神経とはなんぞや?という話ですが、最近の健康ブームやコロナ禍による健康需要が高まったことでご存じの方も多いかと思います。

自律神経とは、ざっくりいいますと

自分の意思ではコントロールできないことを自動制御してくれている神経です。

私たちの身体には、実は自分の意思でコントロールできないことがたくさんあります。

例えば、心臓。胸のドキドキ、今すぐ止めることはできますか?心拍数をピッタリ60/分にすることはできますか?

難しいですよね。。

他にも胃や腸の消化吸収、尿の生成、細胞の新陳代謝

などなど

実は私たちの知らない間に身体では自動制御してくれているシステムがあるのです。

その自動制御システムの大きな役割を果たしているのが自律神経です。

ざっくりと説明しましたが、自律神経については私ももっと勉強して、今後も詳しく解説していきたいと思います。

では、鍼灸はなぜリラックスできるのかという問いに戻ります。

鍼灸は自律神経に働きかける施術と答えました。

自律神経は、心臓や胃腸など主に身体の内部を自動制御してくれています。

身体の内部には、ホルモン分泌を行う器官がたくさんあります。

つまり自律神経が制御している内部器官はホルモン分泌に関わっているのです。

鍼灸が自律神経に働きかけるということは、ホルモン分泌にも間接的に関わっていくということです。

ホルモン分泌にはたくさん種類がありますが、なかでもご紹介したいのが「セロトニン」と呼ばれるホルモンです。

セロトニンは、幸せホルモンとも呼ばれ、人が幸福感を感じているときに溢れ出てくるホルモンだそうです。人が幸福を感じるとき、人によって幸福の感じ方はそれぞれですが、大抵の人は心地いい気分になっているのではないでしょうか?

日々のストレスから解放され、癒される時間。

そして心も体もふっと力が抜けてリラックスできる。

これこそ、私が目指している鍼灸です。

簡単にまとめますと、このような流れで鍼灸はリラックスできるといえます。

鍼灸を受ける→自律神経に働きかける→内部器官が調整される→ホルモン分泌が促進される→幸せホルモンが身体中をめぐる→心地いい、幸せ=リラックス

したがって、鍼灸を受けるとこのような表情になってしまうわけです。

(*´-`)(*´-`)(*´-`)

 

4 リラックスするとリハビリの何にいいの?

ここまでは、のぞみが目指して行っている鍼灸がリラックスに繋がるということを解説してきました。

では、肝心なのは脳梗塞リハビリにおいてなぜ鍼灸でリラックスするのがいいのか?

リハビリの何にいいの?という話をしたいと思います。

その前に、脳梗塞リハビリのぞみ京都のリハビリ成果についてお話します。

今までの利用者様の傾向からリハビリ成果を高める3つのポイントが分かってきました。

逆にこの3つができない時は、残念ながら成果があまり得られにくい傾向にあります。

 

リハビリ成果を高める3つのポイント

①丁寧に落ち着いてリハビリができる

②自分の体の状態を理解していて、悪い癖・良い癖ともに気づける

③些細なことでも自分の体の変化に気づける

このポイントについてはこちらのブログで詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

リハビリの効果を高めるための秘訣 城陽市・宇治市のリハビリ

 

これら3つのポイント、共通してまとめると

落ち着いて「自分」の状態に気づけること

だと思います。

自分の状態に気づくということは、健常の人でも難しいかもしれませんが、後遺症によって麻痺をお持ちの方はもっと難しい状態のはずです。

その状態を少しでも楽にしてあげたい、自分に意識を向け気付きやすい状態にしてあげたい。

そのためには落ち着き、穏やかな状態になっていること。

つまり・・・リラックス状態であること!!

 

そう、これが脳梗塞リハビリの鍼灸における役割です。

リハビリ成果を高めるには

落ち着いて「自分」の状態に気づけること、心身ともにリラックス状態であること

鍼灸は心身のリラックス状態を作ることで、リハビリ成果を高めるためのサポートを行なっています。

 

 

まとめ

今回は脳梗塞リハビリにおける鍼灸の目的をテーマに、鍼灸がリハビリ成果を高めるサポートをしていることを解説させていただきました。

鍼をすれば手が動くようになる、歩けるようになる

と言うような、すがる思いで来店される方も今までに何度も見てきました。

その思いに応えたい気持ちは強く持っています。

ですが、本当に必要なリハビリとは、基本に忠実に、地味なリハビリでもコツコツと継続している人こそ改善に向かっているのが現実です。

正直、鍼をしたからすぐに思い通りに良くなるとは、私自身思っていません。

しかし、リハビリと組み合わせることによる改善成果はとても高いものになると信じています。

だからこそまずはリラックス。

何より安心して鍼灸を受けていただきたく、その人に合わせた施術方法で対応しています。

後遺症にお悩みの方にぜひとも鍼灸を受けていただきたいと思っています。

リラックス鍼灸、とっても気持ちいですよ!

 

 

 

 

京都・関西地区No.1の自費リハビリ施設をお探しの方はこちら
体験リハビリってどんなことをするの?京都で実績No1の脳梗塞専門リハビリ&鍼灸!

 

 

脳梗塞専門の体験リハビリ120分を無料で受けていただけます!

ご予約・ご相談は随時受付しております。

お問い合わせフォームはこちら

 

お問い合わせやご質問は↓こちらからもお待ちしております^^

電話番号:0774-39-8640

LINEからも承ります。QRコードで読み取る、もしくはLINEのロゴをタップ!

 

 

駐車場あります!遠くからのご来店も安心してお越しくださいませ。

宇治だけでなく、京都・城陽・京田辺・八幡方面からのアクセスも良好です。

↑地図をクリックするとGoogleマップに移ります。

 

1分で分かる!脳梗塞リハビリのぞみ・京都へのアクセス方法

各種SNSでも最新情報を発信しております!

Facebook

https://www.facebook.com/nouriha.n.kyoto

Instagram

https://www.instagram.com/rihabiri_nozomi/

Twitter

https://twitter.com/nouriha_kyoto/

リハビリの効果を高めるための秘訣 城陽市・宇治市のリハビリ

2022年07月2日

脳梗塞リハビリのぞみ京都の理学療法士の塩見です。

様々な利用者さまがのぞみに通ってくださり、ここ最近私が感じることを紹介します。

 

~本日の内容~

『リハビリの効果を高めるための秘訣』を説明しますね。

リハビリは継続が大切で、地道に努力されている方ほど、ちょっとずつちょっとずつ成果が現れます。

では、成果が出る人ってどんな人?

①丁寧に落ち着いてリハビリができる

②自分の体の状態を理解していて、悪い癖・良い癖ともに気づける

③些細なことでも自分の体の変化に気づける

この3つは本当に大切なポイントです!!

 

ソース画像を表示

 

①丁寧に落ち着いてリハビリができる

ソース画像を表示

 

利用者さまの中には、「早く良くなりたい・なかなか良くならない」と気持ちが焦って、良くなりたい気持ちと思うように動かないことのギャップでモチベーションが途中で落ちてしまう方がいます。

焦りは禁物です。リハビリは積み重ねです。一回のリハビリでほんのちょっと出来ることが増えるだけでも大丈夫です。小さな喜びは次のステップに繋がるので、前向きな気持ちにきっとなれます。

リハビリ中は自分の体と向き合い、集中すること!

自己流にならずに体のしくみを理解しながら一つ一つの動作をゆっくり、丁寧に行うこと!

がポイントです。

担当のセラピストがしっかりと体の状態や動きのコツを説明するので、安心してくださいね。

 

②自分の体の状態を理解していて、悪い癖・良い癖ともに気づける

病院を退院してしばらく経過している方は、日常生活を送る中で使いやすい楽な姿勢で動作をすることが癖ついている方がいます。

そのため、動きが少し大ざっぱになってしまったり、麻痺している側の体をあまり使わない動作が定着していたり、麻痺していない側の体を過剰に使いすぎたりと、無意識の内にパターン化された動作になりがちです。

パターン化された動きを学習してしまうと、筋肉が固くなり、スムーズな運動の阻害となります。

リハビリでは、麻痺になり忘れてしまった動き、癖ついた動きを修正し、正しい動作を再学習していきます。

再学習を効率よくするためには今の体の状態を理解することが大切です。

例えば、普段の立ち上がり動作や寝返り動作、起き上がり動作、歩行など何気ない動作で良い動かし方と悪い動かし方が混在しているかと思います。

まずは自分の動作を思い返し、癖を見直すことがリハビリの成果を出すポイントです。

その癖が分かれば、良い癖を増やしていけたら少しずつ動作の効率性が良くなり、

無理のない自然な動作に繋がっていきます。

自分の癖ってなかなか自分では分からないかと思います。でも、担当のセラピストがしっかりと説明しますので安心してくださいね。

 

③些細なことでも自分の体の変化に気づける

ソース画像を表示

『体の変化に気づけること』

これは本当に大切なポイントです。

まずは自分の体と向き合ってください。

リハビリ前の体の状態はどうかな?

リハビリを受けている時の体の状態はどうかな?

リハビリ後の体の状態はどうかな?

体の状態の差がリハビリの成果です。

それを自分で納得できなければ、受け身のリハビリとなり成長に繋がりにくくなります。

少しでも自分で気づき、納得ができれば、主体的なリハビリとなり成長に繋がります。

変化に気づき、リハビリの効果を自分で体感でき、小さなことでも喜ぶ(達成感を感じる)ことが成果を出すポイントです

大きな変化でなくても大丈夫です。小さな変化の積み重ねが達成したい目標に近づいています。

例えば、『杖なしで家の中を歩きたい』と大きな目標があれば、まずは何ができる必要があるでしょうか?

寝ている時の姿勢はどうですか?

寝返りはスムーズにできていますか?

起き上がりの時に手足や背中に緊張は入ってませんか?

固い筋肉はありませんか?

麻痺している足の裏を感じ取れていますか?

歩く時に身体は傾いていませんか?

杖に持たれすぎた歩きになっていませんか?

 

一度自分の体と向き合って、普段の体の状態を確認してみてください。

これができれば最初の一歩です。

ゆっくりで大丈夫ですので、私たちと一緒に気づきを増やしていきましょう!

利用者さまからの声

実際に通ってくださっている利用者さまからの声です。

小さなことの積み重ねを紹介します。

 

『一回一回の変化はほんのちょっとでも、これが一年経ったら何か変わっているんやろうな』

『麻痺側の手の平で温かい感覚が分かってきた』

『体重を真っすぐに乗せる感覚が分かってきた』

『立つ時に踵が浮かなくなってきた』

『足が疲れなくなってきた』

『起き上がりが楽にできるようになってきた』

『前腕が開くようになってきた』

 

などなど、本当に些細なことでも、何かしら日常生活に繋がっていきます。

喜びをしっかりとご自身の口で発していることはとても大切です。

このようにちょっとした変化に気づき、出来るようになったことに対して喜びや達成感を感じ、新しいちょっとした目標に向かってリハビリができる人ほど成果が得られやすいのかなぁと日々感じています。

 

まとめ

のぞみのスタッフも利用者さまの体を理解し、利用者さまにも理解してもらえるような関りを大切にしています。

そして、一緒に課題を考え、一緒に同じ目標に向かい、一緒に出来るようになった些細なことを喜び共感していきたいなと思っています。

大きい目標ではなくて、小さな小さなことの積み重ねが成果に繋がっていきます。利用者の皆様にもそこを理解していただき、出来ることを増やしていきたいです。

調子の悪い日、上手くいかない日もあるかと思いますが、焦らずに一緒に解決していきたいですね。

 

今日は体の気づきの大切さをお伝えしました。

気づきは主体性のあるリハビリに繋がります。

利用者さまが主体的に行うリハビリをのぞみは目指しています。

一緒に二人三脚でリハビリをしていきましょう!

宇治市・城陽市のケアマネジャーさんとの連携 

2022年05月7日

こんにちは。脳梗塞リハビリのぞみ・京都の理学療法士の塩見です。

のぞみのリハビリでは、地域との連携を取りながらリハビリを進めています。

本日は、ケアマネジャーさんとの関りをご紹介します。

 

利用者様の生活向上のためにケアマネジャーさんとの関りを大切にしています

最近は宇治市や城陽市、久御山町からお越しいただいている利用者さまが少しずつ増え、

お陰さまで近隣地域で『のぞみ』のリハビリを知ってくださる方が徐々に増えてきました。

ケアマネジャーさんから直接ご紹介をいただくこともあり、

介護保険との併用でケアプランに含めて下さっています。

皆様からのぞみのリハビリをご理解いただいていること心から感謝申し上げます。

 

 

①電話での連絡

 

利用者さまの体の状態や困りごとなど何かあったらすぐに相談します。

また、希望に応じ介護保険内のリハビリ担当のセラピストさんとの連携も行い、

目標の統一を図ることもあります。

 

②報告書のご提示

リハビリの経過、目標の共有のために1回作成します。

利用者さまのための意見交換を行います。

 

③リハビリ見学

リハビリ見学により、情報提供を行います。

いつでもお気軽にお越しください(^^)

 

このようにのぞみでは、利用者さまにとって最も目標に到達しやすいよう、地域との関りを大切にしながら、連携を取ってリハビリを行っています。

リハビリをご希望の方はいつでもご相談ください!(^^)!

 

 

 

京都・関西地区No.1の自費リハビリ施設をお探しの方はこちら
体験リハビリってどんなことをするの?京都で実績No1の脳梗塞専門リハビリ&鍼灸!

 

 

脳梗塞専門の体験リハビリ120分を無料で受けていただけます!

ご予約・ご相談は随時受付しております。

お問い合わせフォームはこちら

 

お問い合わせやご質問は↓こちらからもお待ちしております^^

電話番号:0774-39-8640

LINEからも承ります。QRコードで読み取る、もしくはLINEのロゴをタップ!

 

 

駐車場あります!遠くからのご来店も安心してお越しくださいませ。

宇治だけでなく、京都・城陽・京田辺・八幡方面からのアクセスも良好です。

↑地図をクリックするとGoogleマップに移ります。

 

1分で分かる!脳梗塞リハビリのぞみ・京都へのアクセス方法

各種SNSでも最新情報を発信しております!

Facebook

https://www.facebook.com/nouriha.n.kyoto

Instagram

https://www.instagram.com/rihabiri_nozomi/

Twitter

https://twitter.com/nouriha_kyoto/

脳卒中による感覚障害 宇治・城陽市 

2022年04月1日

こんにちは!

京都府宇治市にある、脳梗塞リハビリのぞみ・京都の理学療法士の飯尾です。

 

みなさん、感覚と言ったらなにを思い浮かべますか?

触覚痛覚温度覚などなど感覚の種類はたくさん存在します。

健常の方であれば、すべての感覚に障害はなく感じることができます。

しかし、脳卒中によって脳が損傷された場合、あらゆる感覚が障害されてしまいます。

それは、脳の損傷部位によって障害される感覚が異なります。

今回は、感覚の種類と感覚障害に対してのリハビリをご紹介していきたいと思います。

~今回の内容~

感覚の種類

感覚障害に対してのリハビリ

 

感覚の種類

感覚にはたくさんの種類があります。

まず、大きく3つに分けると…

体性感覚 ②内臓感覚 ③特殊感覚

が、あります。

体性感覚は表在感覚深部感覚に分けられます。

表在感覚には、痛覚・温度覚・触覚があり、皮膚で感じやすい感覚を指します。

脳卒中で表在感覚が障害されると、立っている足の感覚や物に触れている感覚などがわかりにくくなります

 

深部感覚とは、体の各部分の位置・運動の状態、体に加わる抵抗、重量を感知する感覚を指します。

脳卒中で深部感覚が障害されると、体がどのように動いているかを把握することができなくなります

 

次に、内臓感覚とはお腹の空腹感やのどの渇き、便意、尿意、吐き気、胃の痛みなど内臓から得られる感覚を指します。

脳卒中により内臓感覚が障害されると、のどの渇きに気づきにくく脱水になることや、便意や尿意が分からず漏らしてしまい、介助者の負担が増えてしまうことが起きてしまいます。

 

3つ目に特殊感覚とは、視覚・聴覚・平衡覚・嗅覚・味覚を指します。

動作に影響がでやすいとしたら平衡覚の損傷によりバランス機能が低下することが挙げられます。

 

感覚にもたくさんの種類があります。

体の外から内までに感じる感覚は数多くあり、感覚が障害されることで日常生活や動作に悪影響を及ぼします。

 

感覚障害に対してのリハビリ

表在感覚がわかりにくい方であれば、より刺激物のあるものに触れて感覚を研ぎ澄ましたり、感じることができる感覚で代償するなどの必要があります。

足裏の感覚が分からなければ、とげとげのような突起物を押し当てることで感覚がわかりやすくなることがあります。

また、触覚がわかりにくいが温度覚はわかる方などは、温かいものや冷たいものを使用し、感覚を入力をすることもあります。

残存している感覚・感度を見極め、使用していくということが重要であると考えます。

 

深部感覚障害のため、体がどう動いているかわかりにくい方であれば、鏡などを使用することで視覚的に体がどう動いているかを認識し、視覚情報を脳に入力していくことが重要になります。

手や足の動きを逐一鏡をみて確認し、どれくらいの力でどれだけ動くのかを認識・学習することで、少しづつ動きがわかるようになってきます。

 

これらのように、リハビリでは障害された感覚は他の感覚や環境で代償することが多いです。

感覚が障害されたからといって、感覚が戻らなくなるということではありません。

リハビリで感覚が徐々に回復される方もいます。

また、鍼灸によって回復されることもあります。

当施設では充実したリハビリ器具・環境に加え、鍼灸によるアプローチも行えます。

感覚障害で悩まれている方、一度お話だけでも聞かせて下さい!

 

京都・関西地区No.1の自費リハビリ施設をお探しの方はこちら
体験リハビリってどんなことをするの?京都で実績No1の脳梗塞専門リハビリ&鍼灸!

 

 

脳梗塞専門の体験リハビリ120分を無料で受けていただけます!

ご予約・ご相談は随時受付しております。

お問い合わせフォームはこちら

 

お問い合わせやご質問は↓こちらからもお待ちしております^^

電話番号:0774-39-8640

LINEからも承ります。QRコードで読み取る、もしくはLINEのロゴをタップ!

 

 

駐車場あります!遠くからのご来店も安心してお越しくださいませ。

宇治だけでなく、京都・城陽・京田辺・八幡方面からのアクセスも良好です。

↑地図をクリックするとGoogleマップに移ります。

 

1分で分かる!脳梗塞リハビリのぞみ・京都へのアクセス方法

各種SNSでも最新情報を発信しております!

Facebook

https://www.facebook.com/nouriha.n.kyoto

Instagram

https://www.instagram.com/rihabiri_nozomi/

Twitter

https://twitter.com/nouriha_kyoto/

 

1 2 3 4 5 7