在宅医療を考える 脳梗塞リハビリのぞみ・京都〜宇治、大久保、伊勢田〜

2020年02月11日

在宅医療を考える????

ピア〜まちを繋ぐもの〜上映会

本日は、当院ご近所の医院様からお誘いいただき、映画『ピア〜まちを繋ぐもの〜』の上映会に、のぞみ往診メンバーと宇治市の文化センターへ行ってまいりました!

ピアは、在宅医療や介護の啓蒙活動の一環として制作された映画です。地域で医療に携わる様々な専門家が、患者さんの心に寄り添って支える素敵な物語でした。

物語には、医師をはじめ、薬剤師、ケアマネージャー、歯科医、歯科衛生士、管理栄養士、そして理学療法士や作業療法士も、地域で連携するチームとして出演していました。 「患者様のために」という想いでチームワークを発揮し、人生の最期を迎えるその時まで、支える「ピア」(仲間、という意味だそうです)の存在は、地域において大きいものだと感じました。

我々のぞみも、それぞれの専門性、個性、強みを発揮して、「あなたたちがいて幸せでした。」が日本一集まるチームを目指していきます。

人生において

健康が全てではないが

健康を失うと全てを失う

という言葉があるように、

健康・医療に携わる我々にとって、より我々の強みを活かすことが、社会や地域の人たちのお役に立てることに繋がると信じています。

当院は脳梗塞専門のリハビリ施設ですが、立ち上げる想いの根本は、今年で創業30年になる往診部門こじま治療院の存在です。

自宅で最期を迎えたい

もう一度身体を動かせるようになりたい

少しでも家族との時間を過ごしたい

といった望みを持ちながら叶っている人もいれば、叶わなかった患者様も多く診てきました。

そのような想いで開業した整骨院では、院まで来られることのできる患者様が多くいます。往診も整骨院も、美容体質改善部門のヘルシースリムのぞみも、その人たちの人生最期に、「あなたたちがいて幸せでした」と言っていただける関わりをするには??

だからこそ、一期一会を大切にしていくことが我々の志事です。

一期一会とは言葉にできても行動にすることが難しいことでもあります。

その難しいことに挑戦するひとつに、脳梗塞で色んなことが叶わなくなった人たちのために、保険外のリハビリで社会復帰を目指して貢献すること、があります。

いい映画を観ただけに、少々熱くなりましたが。。。

こう考えるキッカケをいただき、上映に携わったスタッフの皆様、お誘いいただいた先生、ありがとうございます????

さぁ、今日は祝日で1日お休みをいただき、明日から診療!

明るく元気に!楽しく笑顔でいきましょう^ ^!

インスタやってます!

ぜひフォローよろしくお願い致します^ ^

https://www.instagram.com/invites/contact/?i=1rnx9krj03w4q&utm_content=6zwpbdi

脳卒中の後遺症における鍼灸治療の効果〜脳梗塞リハビリのぞみ・京都〜宇治市・伊勢田・大久保

2020年02月1日

脳梗塞リハビリのぞみ・京都の片岡です!

先日、鍼灸治療に関する興味深い記事を見つけましたので、ご紹介させていただきます。

記事のリンクはこちらhttps://acu.amgc.jp/acupuncture_news/acupuncture-helps-stroke-recovery?utm_content=114265869&utm_medium=social&utm_source=facebook&hss_channel=fbp-1006128346113419

 

 

脳卒中による後遺症に対する治療で、鍼灸治療が効果的である研究報告がされています。

なんと鍼灸治療による脳卒中後の後遺症に対する治療の全体的な効果率は90%!!

そのうち46.6%は大幅な運動能力の改善が見られたと報告されています。

脳卒中によって死亡は年間14万人にもなるといわれ、脳卒中患者の約20%は命を落とし、残りの約60%は後遺症が残るといわれています。

今年創業30周年を迎える、のぞみグループの往診専門院「こじま治療院」では、多くの脳梗塞、脳卒中の後遺症の患者様をみてきました。

正直、「もっとリハビリができていたら・・」と悔しい想いをしてきたこともあります。

 

だからこそ、本気で社会復帰を望む人たちのために、我々脳梗塞リハビリのぞみ・京都は、鍼灸とリハビリの力を融合させ、本当に価値のあるリハビリをしていきたいと考えております。

 

鍼灸の可能性は大きく期待できるものがあります。

脳梗塞リハビリのぞみ京都では、脳梗塞による後遺症の治療に効果が高いとされているYNSA(山元式新頭鍼療法)という鍼灸治療を取り入れています。

世界中から認められ、学びに訪れる宮崎県のドクター、山元敏勝先生が開発した治療法です。

実際に私も宮崎県へ足を運び、その技術を学んできました。

 

 

 

 

 

 

↑左 山元敏勝先生

 

鍼の力、東洋医学の力は大きな可能性がある、と医師である山元先生もおっしゃっていました。

鍼灸師である私もそう信じて日々治療に励んでいます。

鍼灸とリハビリが、多くの社会復帰を望む方々の役に立つことを願います。

 

脳梗塞リハビリのぞみ・京都

片岡

モニター利用者様の募集中 〜脳梗塞リハビリのぞみ・京都〜宇治市・伊勢田・大久保

2020年01月31日

脳梗塞リハビリのぞみ京都では、当施設で行うリハビリの前・中・後 の写真(動画を含む)の撮影や体験談の提供および、当施設WEBサイトなどの広報媒体や雑誌・新聞などの広告媒体での公開にご協力いただけるモニター利用者様を募集中です

ご希望の方には、お得なモニター価格をご案内しております。

お問合せ・ご予約はお電話またはお問合せフォームにてご連絡ください。

※申し込み状況やモニター料金・公開範囲などの諸条件によりお受けできない場合がございます。
あらかじめご了承ください。

 

↓体験リハビリ1回の施術後の変化

 

LINEからもお問い合わせできます!LINEロゴマークはタップ!

【転職をお考えのセラピスト向け】事業説明会のお知らせ〜脳梗塞リハビリのぞみ・京都〜宇治市・伊勢田・大久保

2020年01月29日

2020年、京都府宇治市に保険外リハビリ施設「脳梗塞リハビリのぞみ京都」オープンに向けて次世代リーダーにふさわしいセラピストを募集しております。既にご利用者様よりお問い合わせもいただいており、セラピストによるリハビリを待ち望んでいる方もいらっしゃいます。

セラピストとしての次のキャリアをお考えの方は是非お気軽にご相談ください!

 

【開催日】

2月13日(木) 19:00~20:00

2月29日(土) 15:00~18:00 ※1時間程度

3月12日(木) 19:00~20:00

3月28日(土) 15:00~18:00 ※1時間程度

 

【対象】

理学療法士・作業療法士の資格をお持ちの方

上記資格を目指す学生様も歓迎です。

 

【場所】

京都駅八条口から徒歩3分

※詳細はご予約時にお伝えします

 

【料金】

無料

 

【お問い合わせ】

LINE登録からお問い合わせいただけます。ご登録の上、参加希望の旨をメッセージにお送りください。

https://lin.ee/2rykhn3

 

 

脳梗塞リハビリのぞみ・京都の募集要項、採用情報はこちら!

https://www.nozomi33.com/recruit/therapist/

 

 

 

 

PT・OTの皆様へのメッセージ動画

・資格を活かして、本当に人の役に立つ仕事をやりたい
・現状維持よりも仕事を通じて自分の能力向上を目指したい
・指示通りにやらされる仕事ではなく、自分の意思でやりがいのある仕事をしたい

【動画の内容】
①保険外リハビリに挑戦するキッカケとは?

②PTやOTと共に保険外リハビリに取り組む意義とは?

③のぞみグループにおいてPTやOTに期待することは?

④病院と保険外リハビリの違いとは?

⑤研修や教育制度などの環境は?

 

事業プロジェクトメンバーがインタビュー形式で答えました。

〝PT・OTの方々と共に実現したい想い〟
〝我々の創業当時からの想い〟

下記リンクの動画に詰まっています。

 

 

 

勉強会に参加してきました!〜脳梗塞リハビリのぞみ・京都〜宇治市伊勢田・大久保

2020年01月26日

昨日は2カ月に一度の若手理学療法士が集う勉強会に参加してきました!

今回は「考える」という時間を設けていただき、自分たちの強みや弱みを知ったうえで、理学療法士としてどうなりたいのか?がテーマでした。

10年後どうなっていたいか?

今のままで本当にいいのか?

私は鍼灸師ですが、同じ人を相手にする職業として深く考えさせられる勉強会でした。

これからは、若いと言われる我々が輝いて、人様にお役に立てる仕事をいかにしていくかが重要だと感じます。

だからこそ、正しい情報を仕入れて、お客様へ還元し、脳梗塞によって不自由になった方々のために、社会復帰という「のぞみ」を叶えていくことが我々の使命です。

また今回の勉強会も、熱い人たちの集まりでした!

お互いに夢を語らい、もしくは夢がハッキリしてなくても向上したい!という意欲が伝わってきます。情報交換が活発な勉強会です!

このような方々と学べるご縁に感謝します^ ^

主催の皆様、講師の熊崎先生、ありがとうございました。

脳梗塞リハビリのぞみ・京都

鍼灸師 片岡

体験リハビリ 被殻出血による後遺症の治療 脳梗塞リハビリのぞみ京都 宇治

2020年01月12日

被殻出血による後遺症のお客様が、体験リハビリにお越しいただきました。左半身が思うように動かないことにお困りでした。

鍼治療、矯正治療、脳科学に基づいたリハビリを施術したところ、動画のような変化が現れました。

https://www.youtube.com/watch?v=0N5eviXejgQ&feature=youtu.be

行った施術は、まず、背骨と骨盤の矯正治療で身体の正中軸を生み出します。

それから、鍼治療は脳梗塞後遺症に効果が高いとされているYNSA(山元式新頭鍼療法)を行いました。

頭に直接鍼をすることで、

「手が突然握れなくなった。」

という反応か現れました。

お客様様の左手は、握ることはできるが開くことができない麻痺がありました。

鍼の反応に驚かれていましたが、悪化した訳ではなく、拘縮していた手が突如弛緩したためであることを説明しました。後で手を使うリハビリ、マッサージを行うと、再び握ることは可能になり、拘縮が和らいで開きやすくなりました。

次に、リハビリは脳科学に基づく、ストレッチポールを用いた施術を行いました。脳の仕組みから身体を動かすメカニズムの通りにリハビリを行い、正中感覚も手に入れることが目的です。

結果として、約1時間半、一度の施術で動画のような変化が現れました。

今後も後遺症のお困りの方の希望になることを願い、のぞみを叶えられるような施設を目指していきます。

お客様からの撮影、ネット上での公開は許可をいただいております。

1 2 3